オンライン第13回源氏物語的心理学講座〜私の決めたしあわせの形〜空蝉

:。。::。。:

ホームページ

愛ある恋の伝道師manaのプロフィール

セルフパートナーシップ、愛ある恋

オンライン講座、催し一覧

次回講座は1月9日、

都内対面講座は3月4日です

:。。::。。:

愛ある恋の伝道師manaです

2月4日、7日に開催する

第13回源氏物語的心理学講座の

ご案内です

詳細はこちら

第13回源氏物語的心理学講座〜私の決めたしあわせの形〜空蝉

第12回講座と

同じタイトルに同じテーマですが。

しあわせの本質

について今回も考えましょう

しあわせの定義は人それぞれですが、

ひとつ言えるのは

しあわせに生きたくて、

私たちは日考えたりもがいたりしている

ということではないでしょうか。

女のしあわせが目の前にあるのに、

そしてその男に自身惹かれているのに、

この人と関わると不幸になるから

光源氏を拒み通した朝顔の斎院の人生を

第12回講座では見るのですが。

今回の主人公は空蝉。

朝顔と似たところもあり、

異なるところもあり。

選択とはしあわせとは

と私たちに考えさせてくれる

魅力的な女性です

空蝉は光源氏より低い身分の女性。

光源氏の父である桐壺帝に

入内する話もありましたが、

父の早世に伴いその話は立ち消えに。

自身より身分の低い受領階級の

うんと年上の男性の後妻になりました。

夫と先妻の間に生まれた義理の息子の

屋敷に滞在していた際に、

光源氏もその屋敷に泊まりに来まして。

中流階級の女はなかなかいいぞ

と聞いていた若き光源氏に言い寄られ

ひと晩の関係を持つことに。

現代でいうレイプとはニュアンスが違って、

誰もが憧れる王子さまに

いきなり口説かれたようなイメージです。

福山雅治トムクルーズか、

なんならヘンリー王子が自宅に泊まりに来て

わああと思っていたら

いきなり彼に抱き締められた、くらいの事を

想像してみてください。

上手じゃなくてごめんご

空蝉の心や体は光源氏に惹かれるのですが、

賢い彼女には

理性をかなぐり捨てることができず。

独身のころにこんな事になっていたなら、

たまさかの訪れをひたすら待つだけの

関係でもゆるされたのに

魅力的でない、身分も低い男の妻に

収まってしまった身の上は、

嘆いても変わることはなく。

彼女は光源氏に惹かれながらも、

彼が二度と寝所に押し掛けて来ないように

巧みに身を交わし続けます。

夫が亡くなり

歳の近い義理の息子に言い寄られると

面倒を避けるために若くして出家し、

夫や継子の縁で光源氏に引き取られ、

生活の面倒を見てもらいました。

第14回講座で

朧月夜の君を取り上げる予定ですが、

彼女は空蝉とは正反対。

実家の政敵である光源氏と、

心や体の求めるままに

まずすぎるタイミングで密会しまくります笑

どちらも魅力的な女性で、

現代に生きる私たちが

しあわせというものを考えるのに

とても好い材料を提供してくれます。

多くの人にとって、朧月夜のように

心や体の求めるままに行動するなんて

できないでしょう。

第12回講座の朝顔や今回の空蝉のように、

欲しいものや惹かれているものがあっても

まだ見ぬ不幸を恐れたり

現在の生活を壊すことを恐れたりして

足が竦んでしまうことのほうが

多いでしょう。

だとしたら、そんな

慎重で、ある意味勇気のない彼女たちが

それでもどんなふうに生きたのか

を観察することで学べる事は

多いのではないか。

問題、事件、人生の渦中にいる

自分のことは客観的に見づらくとも、

物語の登場人物の身に起こった事は

冷静に観察できるもの。

千年読み継がれてきた物語の

登場人物を題材に、

明日からのあなたの日常を

より軽やかに送るためのエッセンスを

楽しみながら摂取してまいりましょう

第13回は

オンライン講座のみを予定しております。

ネット環境が整えば

どこからでもご参加いただけます。

あなたのお申し込み、お待ちしております

第13回源氏物語的心理学講座

オンライン

私の決めたしあわせの形

源氏物語

帚木空蝉夕顔関屋巻

〜不幸せを避けるというしあわせの選択〜

雲の上の存在である光源氏

思いがけずひと晩の関係を結びながら、

その後断固として再会を拒んだ空蝉。

変えられない過去や現実を受け入れた

彼女の生き方から、

しあわせを選択するということの

本質について考えましょう

2月4日、7日に開催予定です。詳細は

ホームページのご案内をご覧ください

第13回源氏物語的心理学講座〜私の決めたしあわせの形〜空蝉