1歳次女出掛けることへの反応

次女は出掛けることが好きなのか、

家の中で、

出掛けるよ。

というと、即座に上着を取りに行きます。

ちょっと高いところにあるのですが、

ハンガーに掛かっている上着の裾を引っ張って上手いこと外します。

自分で着ることは出来ないのですが、

着る真似というか、

上着をお腹にペタッと付けて、

着た気分を味わっています。

上着を取ってあげて内側の袖を見せると、

手を入れようとします。

でも、右左は分かっていないようで、

右袖に左腕を入れてます。

上着を着終わると、次はスタタタっと玄関に向かい、

靴の前に座って靴を拾おうとしています。

たまに長女の靴を拾ったりしてるのは、何故でしょう。

靴もまだ自分では履けないので、私が後から追い付いて靴を履かせます。

玄関の鍵の開け方も分かってきたようで、

うち鍵をクルクル回そうとしています。

一方、

長女は全然キビキビしてません。

出掛ける前のトイレも上着を着るのも非常にゆったり。

外に行きたいと言い出したのは長女なのに。

きっと長女は私に似ている、、、

その日は雪で庭に5センチほど積もってました。

まだまだ降りそうな勢い。

外に出た長女は雪玉を作ったり、

ソリに乗って私に引っ張るように要求したり。

雪を楽しんでいます。

一方の次女。

玄関の前でずっと直立不動。

雪で遊ぶとか一切しません。

ひたすら長女と私を見ています。

どうやら雪には興味ないみたい。

あの出掛ける準備の素早さが勿体無い。

長女としばらく遊んだあと、

次女に、

おうち入るか?

と聞いたら、

すんなりと玄関扉に向きを変えました。

子供二人でこうも違うと、

なかなか一緒に遊ばせられませんね。

〜読んでいただきありがとうございます〜