本日の流れ

おはようございます。

一般の方も、アメンバーの皆さまも

今年最初の中央競馬です。

アメンバー版では、昨年よりさらに形を変えての表にしています。

その結果どうなっているのか?という流れを中山567Rと見てまいりました。

これにより、昨日掲載している表をどう見たら、正解に近づけるのか?

これを小生は昼過ぎから見ております。

このレース結果をご参考としていただき、今一度、表を見直していただき

良い結果となるようにしていただけたらと思っております。

今年、初日ですので、通常アメンバー版としている記事ですが、公開しておきます。

何のことか?わからない方が多数だと思いますが、ご参考としてご覧いただければと思っております。

どうやら、昨日注目していた太文字の馬番。

この関係性と、中間点、ここに大きな意味があるようです。

黄色が3本ありますが、216段目ここには緑にしましたが、15番が共に配置されています。

この中間点は9段目、緑のラインです。

そしてさらに1016段目には10番が共に配置されております。ピンクとしました。

中間点13段目

結局、このような配置関係に大きなカギがあるようです。

6R

こういうケースもあるようです。

26段目の11番中間点は4段目ですが、3と14が隙間に交互にいます。

注目なのは、415段目の黄色ここに重複馬番6があるのですが、415段の空間は偶数であること

つまり、中間点が無いこと。こういう時って、ここは来ませんね。

これは驚きです

色付き段が一段のみしか出現しません。

どうなるのか?と見ておりました。そしたらこの結果

この後、掲載の後半戦、表を再度見直してみていただければと思っております。

広告を非表示にする