地震100補償について

一般的な火災保険で地震保険に入ろうとすると、地震保険の保険金は火災保険の保険金の半分までしか入れません。

例えば、2000万円で建てた家なら、火災保険の保険金は2000万円になります。この建物に地震保険を付けると、地震保険の保険金は2000万円の半分の1000万円になります。

これがいわゆる国が定めた地震保険

上の場合、地震保険金1000万円じゃ足りない。もっと保険金上げたい、という場合は各保険会社独自の地震上乗せ特約があります。この上乗せ特約は、国が定めた地震保険とは別の補償なので、この特約を付帯した場合、やや保険料が高くなります。

地震上乗せ特約を付けると、火災保険金と同額の2000万円までカバーされることになり、一般的な50までしかカバーできない地震保険よりもメリットがあるように思います。しかし、保険料がやや高いです。

この地震上乗せ特約を付けることができるのが、超保険という商品だけになります。一般的な火災保険住まいの保険には地震上乗せ特約がありません。

そのため、お客様から地震100カバーしたい、と言われた場合、超保険で地震上乗せ特約を付けた商品をご提案することになるのですが、超保険の場合、火災保険部分の補償だけでは契約することができません。他の種目も一緒に付帯したうえで契約する必要があるのです。他の種目とは自動車補償、傷害補償、生命保険です。他の種目の保険料が年間5000円以上であること、という決まりもあるため、例えば傷害補償を年5000円付けてお客様にご案内することになります。

ここで大事なことは、お客様は火災保険に入りたい。地震保険に入りたい。と言っているのに超保険で地震100カバーするには他に傷害補償年5000円以上付けさせてもらわないといけませんというトークになることです。要はお客様に必要のない商品傷害補償を売らなければならない、というジレンマが起こります。ほとんどのお客様がそんならしょうがいない。とおっしゃって、当初希望したわけでもない傷害補償を付けて超保険のご契約をしていただくことになります。

冷静に考えると、これってお客様のためになっているのかな、ってことです。一般的な火災保険である住まいの保険には地震上乗せ特約を設定せず、超保険にのみ設定できるようにしていることは、真にお客様利益につながらず、顧客満足度の点ではちょっと首をひねってしまいます。

超保険地震上乗せの契約をするたびに毎回このジレンマを憶えます。