バルトーク×バルトーク 室内楽の多面的世界@くにたち市民芸術小ホール

国立音大卒業生によるコンサート。

失礼だが、まだ名前もさほど知られていない若手たちである。こういうコンサートの客はほとんどが関係者や家族で一般客はさほど多くないだろう。

ましてオール・バルトーク・プログラムとあっては…。

バルトークほど知名度と人気のギャップが激しい作曲家はいないだろうと思う。

間違いなく20世紀最大級の巨人なのに、人気はない。とっつきにくいし、暗いし、綺麗なメロディーがあるわけではない。わからないわけでもない。

私は好きだけどね。

バルトークストラヴィンスキープログレッシヴ・ロックに大きな影響を与えたと思っている。

そんなコンサートに出かけたのは、二台のピアノと打楽器のためのソナタがプログラムに乗っていたからだ。

妙な編成なので実演に接する機会は少ない。

この曲、好きなんだよね。バルトークの曲でベスト5を選ぶとしたら、間違いなく入れる。

プログレ界の名ドラマー、ビル・ブラフォードはこの曲に影響を受けたことを何かのインタビューで語っていた。

バルトーク×バルトーク 室内楽の多面的世界〜

01.ピアノ・ソナタ Sz.80

02.戸外にて

  正村恵:ピアノ

03.コントラスツ Sz.111

  岸本哲弥:ピアノ

  伊藤太郎:ヴァイオリン

  粟谷明菜:クラリネット

<休憩>

トーク企画 バルトークの創作現場:

 二台のピアノと打楽器のためのソナタにおける演奏実践の模索>

  池原舞:音楽学

04.二台のピアノと打楽器のためのソナタ Sz.110

  山本有紗:ピアノ

  橋詰香菜:ピアノ

  山内創一朗:打楽器

  濱崎理絵:打楽器

ピアノ・ソナタはとってもいい曲。

バルトークらしい激しさと精緻なリズム処理が見事な曲である。まあ、バルトークらしいということはとっつきにくいということでもあるのだが…。

『戸外にて』は5曲から成る小品集で、ソナタと同時期の作品だが、各曲に標題があるぶん聴きやすいかもしれない。

演奏は多少怪しいところもあったが、うまくまとめていたと思う。ただ強い打鍵の低音がどうしてもザラついてしまうのが残念だ。もっとも、低音を綺麗に出せるピアニストは少ないのだが…。

コントラスツは変則的な編成のトリオ。

これもバルトークらしい傑作。リズム処理が抜群におもしろい。

ヴァイオリンとクラリネットの音色のコントラストが強烈だ。

第3楽章ではヴァイオリンはスコルダトゥーラ(特殊調弦)のヴァイオリンに持ち替える。クラリネットもA管からB♭管に持ち替えるはずだが、持ち替えていなかった。

休憩を挟んで、まずはトーク

トークなんていらねえよ、なんて思っていたのだが、謝ります。とてもおもしろく勉強になったです。

自筆譜を映しながら作曲の経緯に触れ、とても興味深かった。語り口も淀みなく滑らかで聴きやすかった。

メインのへんちくりんなソナタ

これはやはり実演を観るべきだ、と思った。パーカッションは視覚的にも楽しいのだ。

この曲は本当に20世紀の真の名曲である。

バルトーク自身の最高傑作としては私見では、弦楽器・打楽器とチェレスタのための音楽、だろうが、とっつきやすさという点ではこのソナタの方が親しみやすいと思う。

夢中になって見入って聴き入ってしまったので、いい演奏だったということなのだと思う。ピアノが少し大人しかったかな、という気がしないでもないが。

とにかく実演を聴くことができたというだけで十分だ。

ティンパニはとても良かったと思う。ヘッドは皮だったのかな。しょっちゅうチューニングを気にしていた。

細かいことを言えばいろいろあるのだろうが、楽しく行った甲斐のあるコンサートだった。

バルトークに焦点を合わせ、なかなか聴けない曲をプログラミングしたことは賞賛に値する。

客の入りは4割程度だったろうか。動員としては成功とは言えなかったろうが、こうした内容のあるコンサートが地道に行われているというのはとても良いことだと思う。

たまたま地元の小金井のホールでチラシを見つけて興味を持ったのだが、SNS等を使って情報発信をすれば動員も増やせるのではないかという気もする。

なんにせよ、お散歩気分で楽しい日曜の午後だった。

2月18(日)スグ空き

週間予定はコチラから

如月りょう30代前半

メンズエステ歴も申し分ない、実力派セラピストをご案内

彼女の持つ濃厚な施術に、愛情溢れるトリートメント男心を理解した姿見。。

うつ伏せ、仰向け、横向き、自重も利用した愛情いっぱい

鼠径部レベル、寛容さ、そしてフェザーまでも対応可!

入ればわかる彼女の個人イベントも大好評!

12:00-18:00

スグ空き

最上級の色気に最上級のマッサージ思わずため息が出るほどの完璧さ。。

当店でもトップクラスの技を時間いっぱいご堪能下さい。正直やばいです。入った人にしかわからないこの良さ。迷わずお入り下さい。完璧なまでに男心をわかっています。

桃瀬ゆり20代前半

来ましたオールマイティなセラピストしかもピチピチ

溢れんばかりの真心と愛情を持って、深部を完璧にトリートメント

病みつき間違い無しです()スラリと伸びる手が足が

もちろん最高に可愛いく女子力満点サーパスの制服が凄い似合います

15:00-22:00

15時空き

ミニスカートから美脚が絡みつく濃厚密着マッサージに心酔。寛容さグイグイ度マックス。目のやり場に困ります

視覚にもやられる美貌制服のマッチ度!たまらないドキドキなお時間をお約束。

サーパス-SURPASS-

女性が持つ魅力で存分に全身のオイルトリートメントを施します

可愛い、きれいは当たり前

もっとも重要な接客スタンス、マッサージの気持ちよさ

女性が持つ魅力と癒しを溢れるくらいにご提供致します。

時代をリードする粋な紳士がくつろげるメンズエステサロンです

料金-SURPASSトリートメント-

下記時間に10分のサービス実施中

90分13000円12000円

120分17000円15000円

150分21000円19000円

180分25000円23000円

-SURPASSドルチェトリートメント-

1000円

その他の料金

指名料1000円

延長30分5000円

いっぱーーーいお問い合わせ下さいませ

ライン、メールでのお問い合わせの際は必ずお電話番号を記載下さい

記載がないお問い合わせには返信できません

また、メールやLINEの途中にお電話でのお問い合わせが入った場合はお電話ご予約が優先となります。

お名前

ご希望日時

ご希望コース

指名の有無

お電話番号

上記を入力頂きましたらスムーズにご予約の調整が可能です。

MAILmenssurpassgmailcom

TEL070-1539-5975

LINEmens-surpass

LINEでの通話はお受けしていません。

一旦ご予約頂いたお時間にお客様のご都合により遅れられた際、遅れられた分のお時間の延長、ご返金は致しかねます。

確実にお越しになれる日時でのご予約、ご来店にご協力お願い致します。

当日の直前キャンセル等悪質な場合、今後のご利用をお断りする場合もございます。

又、お客様の諸事情により予定時刻よりお早めに退室される場合のご返金は致しかねます。ご理解、ご了承お願い致します

ご予約時間を過ぎて10分以上ご連絡がない場合はキャンセルと判断させていただきます。

無断キャンセル、初回のご予約時の直前キャンセル等された場合は、当店の判断で今後のご利用をご遠慮いただきます。

大阪市中央区高津

各線日本橋駅からお近くで貴方様をお待ちしております

営業時間:10時LAST

出勤セラピストによる変則型になります

広告を非表示にする

確定申告会場にて

この時期は、確定申告会場で納税者の申告書作成のお手伝いに行きます。

会場にはたくさんの納税者さんがつめかけています。

ここで一言。

サラリーマンの還付申告医療費控除、住宅取得控除などの期限は3/15ではありませんよー。

たとえば平成29年分の医療費控除ならば、5年以内にすればOK。つまり、平成34年12月31日が提出期限です。

ただ、他に所得があって確定申告をしなければならない方は3/15を守って下さい。

混む時期を避けて、3/15過ぎに税務署に行くか、国税庁のサイトで申告書を作成して郵送またはe-Taxで電子申告するのがおすすめです。

寒い時期に混む会場で風邪をうつされたりするのもなんですから。

うちの事務所的は、おかげさまでただいま業務が集中しています。だからといって、他の業務に手が抜けないのは当然です。

そこへ、施設に入っている姑の具合が悪くなり救急車で搬送され、命をとりとめることができたのは不幸中の幸いでした。

平昌オリンピックで、男子フィギュアスケートの日本選手が金メダルと銀メダルをとったとのニュースが日本中をかけめぐり明るいニュースで本当にうれしいですね。

さあ!2月いっぱいで確定申告を終える予定をクリアすべく、がんばります!

広告を非表示にする

○○うえマグネシウム、したマグネシウムが、うえ、したいれかわりながら、チタン重複結合するのが、くろむみたいだ。

うえマグネシウム

したマグネシウムが、

うえ、したいれかわりながら、マグネシウムが、上下交差して、

チタン重複結合するのが、くろむみたいだ。

そのあと、

左右いれかわり、くろむしたのが、

ぷろとにうむのもよう

森久保鳥海っていっぱいありそうだけどど

森久保鳥海っていっぱいありそうだけどどれだ

変化

 拳譜には、小架の変化が載っています。

「この技はこう変化できる」という秘訣で、たとえば定(頂)心肘は「肘撃、臂撃、掌撃等数種」とあります。なるほど、肘から面掌の変化は常套手段です。

 昔の人は、套路の技をマジで戦いに使っていた証です。

 「形を教科書のように使い倒す」とは滴水先生の名言ですが、「形にはまり」つつも「形に捉われる」ことなく自由な発想で形を考えたいものです。

 「肘打ちをするつもりでいたら、相手が変化したので、まるで違う技に変わる」でいいんです。ただ、それをいちいち練習していたらキリないけど。

 アタマ柔らかくないと、咄嗟に変化できないんですよね。

  

 

広告を非表示にする

伝説の序章

〔全略〕

・将棋界初の中学生五段に昇段した藤井聡太五段。

・鮮烈なプロデビュー以来、常に注目されながらも並みいる棋士を撃破して、空前の将棋ブームを巻き起こしている。

・そんな藤井五段の強さのワケを、解説します。

・また、13日に国民栄誉賞を授与された羽生善治永世七冠との対局が17日に予定されていることから、その勝負の行方も合わせて予想しました。

〔プロフィール〕

・最年少棋士藤井聡太五段は、2016年12月のデビュー対局から勝ち続け、17年6月に公式戦で29連勝の新記録を樹立した。

・藤井五段の活躍ぶりは将棋界の枠を超えて社会的に注目され、盤上盤外の話題は今や社会現象になっている。

・更に藤井五段は、連勝が途切れた後も驚異的に勝ちまくっている。

・17年度の公式戦の成績(18年2月14日時点)は、勝率(8割3分3厘)、対局数(65局)、勝利数(54勝)、連勝(29連勝)の記録4部門で、いずれも1位である。

・藤井五段は、歴代1位の勝率(1967年度/中原誠十六世名人の8割5分4厘)、対局数(2000年度/羽生善治竜王・永世7冠の89局)、勝利数(2000年度/羽生竜王の68勝)での記録更新は難しい。

・ただ、3月末日までの年度内に、最多であと約10局の対局が組まれる見込みなので、勝率が8割台で60勝以上という稀有な記録をつくる可能性がある。

・過去唯一の例は01年度、木村一基九段の8割3分5厘・61勝です。

〔藤井五段の特徴〕

・私は、藤井五段の将棋の特徴は、「現代の最新形の戦法に通じている」「積極的に攻める」「攻守のバランスが良い」「終盤の寄せが強い」という4つだと思っている。

・つまり、序盤から終盤まで欠点がなく、それが高い勝率につながっている。

・その一方で、「すでに完成されていて荒けずりの魅力がない」という指摘もある。

・しかし、最近の藤井五段の将棋を見ると、本来の強さに加えて逞しさと粘りが出てきたように思える。

(例)

王将戦南芳一九段との対局では、中終盤でずっと苦しい形勢だったが、粘り抜いて230手もの長手数で逆転勝ちした。

・また、NHK杯将棋トーナメントの稲葉陽八段、叡王戦深浦康市九段との対局では、いずれも敗れたが160手台の激闘を繰り広げた。

・なお、1局の将棋の平均手数は、およそ100手である。

・藤井五段が通算75局の公式戦で、11局しか敗れてないのはすごいことだ。

・その敗れた対局の持ち時間の内訳は、5時間が1局、4時間が2局、3時間が3局、1時間が2局、20分未満が3局となっている。

・つ・ま・り、持ち時間の短い対局を苦手とする傾向がある。

〔その他の優勝者〕

NHK杯の歴代優勝者は、最多が羽生竜王の10回。

・次いで大山康晴十五世名人の8回、加藤一二三九段の7回、中原十六世名人の6回、森内俊之九段および佐藤康光九段の3回と続く。

・いずれも名人などのタイトルを獲得した大棋士ばかりで、持ち時間が短い棋戦(NHK杯は各10分)でも強いことがわかる。

〔藤井五段の今後〕

・今後、藤井五段の真価が問われる実績として、NHK杯銀河戦など短時間の棋戦で活躍することだと思う。

〔羽生竜王と藤井五段の対局は互角?〕

・1月16日、都内のホテルで羽生竜王の就位式が開催された。

・それに先立って、同じ会場で羽生竜王と藤井五段の共同記者会見が行われた。

・両者は2月17日に朝日杯将棋オープン戦の準決勝での対局が決まっており、メディアから大いに注目されていた。

・ただ、読売新聞社が設けた竜王就位式の会場で、朝日新聞社の主催棋戦に関する質問が出る記者会見が行われたのは異例のことだった。

・永世七冠を獲得して「国民栄誉賞」を授与された羽生竜王と、将棋ブームを巻き起こした藤井五段は、今や棋戦主催者の枠を超えた特別な存在になっているのだ。

〔羽生竜王と藤井五段のコメント〕

・羽生竜王は記者会見で藤井五段について、「こんなに早く実現するとは思っていませんでした。藤井さんが今期の朝日杯で並みいる強豪に8連勝して勝ち上がったことは立派で、手ごわい存在と認識しています」と評価した。

・一方の藤井五段は「羽生先生と対局できるのを楽しみにしています。勝負のうえでは対等だと思っています」と抱負を述べた。

〔まとめ〕

・羽生竜王は昨年、「アベマTV」の企画で藤井五段と非公式戦の対局をして敗れたが、それと比べて朝日杯での対局は、公式戦であるうえにトーナメントの準決勝ということで、力の入れ方や重みはまったく違う。

・ただ、棋士というものは、将棋イベントの記念対局や研究を前提にした練習将棋でも、戦いが進んでいくうちに勝つために全力を挙げるので、公式戦と非公式戦の区別はなくなる。

・羽生竜王がアベマTVで藤井五段と初めて対局したときも、当初は手探りで指したかもしれないが、途中から本気モードだったと思う。

・藤井五段の勝利は、決してフロックではなかった。

・私は、朝日杯での羽生竜王と藤井五段の対局は、まったく互角だと思っている。

・マラソンに例えて「競技場での勝負に持ち込めば」、スプリント(将棋でいえば、詰めの速さと正確さ)で羽生竜王よりも勝る藤井五段に勝機があると、予想した。

・しかし、その例えは適当ではなかった。「35キロあたりまで競り合っていけば」と訂正したい。

・その前に羽生竜王に振り切られたら、藤井五段に勝ち目はない。

・朝日杯の持ち時間は、各40分。

・短時間の対局では下位者が上位者を破るケースはよくあり、ともに1手60秒の秒読みに入った状況での逆転劇は付きものだ。

・羽生竜王は若手棋士の頃、対局中に相手に視線を無意識に飛ばすことがあり、“ハブにらみ”とも呼ばれた。

・藤井五段も同じような様子をたまに見かける。

・大山十五世名人は当時の羽生竜王について、「乱視の傾向があるからではないかと推察しています。一点を集中して見ていると焦点が定まらなくなり、眼球を動かして対応すると、それが“ハブにらみ”になるのでしょう。羽生さんは礼儀正しい好青年ですからこそ、私はそう思うのです」と語り、理解を示した。

・さて、藤井五段の場合はどうなのだろうか?

〔題名〕『伝説の序章──天才棋士 藤井聡太

〔内容〕羽生善治加藤一二三谷川浩司大山康晴棋士たちのエピソードや魅力も多数紹介!田丸昇九段が綴る、藤井五段のすごさと将棋界の仕組みが書かれている。

https://youtu.be/TiWjH98hVDk

H30/02/16(金)

広告を非表示にする